沖縄旅行に行った際のオススメプランとは!?

沖縄と言えば海とイメージする人は多いかもしれません。沖縄旅行に行った際の旅行プランを紹介しています。 - 世界遺産に指定された9つから成る文化遺産を観光するコツは

世界遺産に指定された9つから成る文化遺産を観光するコツは

沖縄には2000年に琉球王国のグスク及び関連遺産群ということで、首里城跡をはじめとした5つのグスクと4つの関連遺跡が世界文化遺産として登録されています。現在首里城跡と識名園以外には建物らしきものはありませんが、これらの世界遺産を観光する時にどういう風に感じ取っていけばいいのかということについて紹介していきます。

グスクの楽しみ方は

沖縄でよく見られるグスクと言うのは城という感じを当てています。城とは言っても本州にある城とは全く違い、沖縄の歴史が詰まったものになっています。グスクと言うのは地域を治めるためにそういう城塞を作り、それによって支配力が出てきます。権力者としての権力を得ようとすると互いに争いが見られるのですが、それに伴ってグスクの規模が拡大していきます。

世界遺産に登録されているグスクは首里城跡だけでなく、今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡の5つがあります。首里城跡以外は城門や石垣しか残っていないわけですが、石垣だけの状態を見て感動することができれば最高です。一見しただけでこのグスクはいいなあと感じることができれば楽しいでしょう。これらのグスクがどういう背景でできたものなのかということが分かればなおさら楽しめるようになるでしょう。

1日で9つすべてを回るのはあまりお勧めできない

9つの施設は全て特定の地域で固まっているわけではなく、今帰仁城跡であれば北部の今帰仁村ですし、斎場御嶽であれば南部の南城市に存在します。首里城跡周辺に識名園や園比屋武御嶽石門、玉陵がありますので、これらをいっぺんに見ることはできますが、あとはバラバラですので、1日で全てを回るというのは一つ一つが楽しめなくなりますので、あまりお勧めできるものではないでしょう。

イベントによって魅力を発見できる

世界遺跡を舞台にしたイベントに参加をしてみることによって、より一層その施設のことを楽しむことができるでしょう。首里城跡であれば11月に琉球王朝絵巻行列、1月に新春の宴などがありますし、今帰仁城跡であれば1月下旬から2月上旬にかけて今帰仁城跡桜まつりが開催されています。各施設共にさまざまなイベントがありますので、事前に調べてみるのもいいでしょう。

歴史を知ることでさらに楽しめる

世界遺産に登録されている9つの施設と言うのは琉球王国に関する歴史に関してもっと知ってくるにつれて、施設を見る目が変わってくるでしょう。

関連記事: