沖縄旅行に行った際のオススメプランとは!?

沖縄と言えば海とイメージする人は多いかもしれません。沖縄旅行に行った際の旅行プランを紹介しています。 - 沖縄に行ったら伝統工芸品の手作り体験をしてみよう

沖縄に行ったら伝統工芸品の手作り体験をしてみよう

沖縄には伝統的な工芸品がたくさんあります。代表的なものとしては琉球ガラスや漆器、ヤチムンなどがあって、これらのものは全て外国との交流の中で独自に作られた独特の形を持っていますので、本土では見たことが無いというものも多いのではないでしょうか。今回は沖縄の伝統工芸品の手作り体験ができるスポットについて紹介していきます。

琉球ガラス造りが体験できる最大のスポットである琉球ガラス村

琉球ガラスは独特の厚みがあるガラスとその中にある気泡が特徴的なものです。琉球ガラス村には琉球ガラス造りを体験できるプログラムがたくさんあります。具体的にはオリジナルグラス作りやお皿作り、アクセサリー作り、フォトフレーム作り、ジェルキャンドル作り、チューブストラップ作り、万華鏡作り、シーサーや風鈴などの色塗りが体験できます。この中には予約が必要なものやそうでないものがありますので、申込み方についてはよく確認しておきましょう。

琉球ガラス村には製作体験のほかにもガラス工房を見学出来たり、琉球ガラスの販売やギャラリー、レストランもありますので、琉球ガラス全体を堪能することができます。琉球ガラスの販売では公房直売店ならではの新作やアウトレットもの、相田みつをとのコラボ商品などを販売しています。

5つの伝統工芸の体験をすることができる那覇市伝統工芸館

国際通りに面したてんぶす那覇の2階に那覇市伝統工芸館があります。ここでは多数の伝統工芸品を観覧することができる展示室のほかに、体験工房があります。体験工房は予約なしでも可能ですが、待たないといけなかったりしますので、事前に予約をした方がいいでしょう。体験工房の種類としては琉球びんがたや琉球ガラス、琉球漆器、首里織、壺屋焼の5種類があります。シーサーは壺屋焼の一種で、魔よけの像として作ってみると面白いのではないでしょうか。

サンゴ染めと呼ばれる染物の体験ができる首里琉染

玉陵と呼ばれる世界遺産の施設の近くにある首里琉染では、サンゴ染めと呼ばれる染め物の体験を行うことができます。Tシャツやトートバック、風呂敷、手ぬぐい、コースターの素材の中からサンゴ染めがしたい素材を選んでから、実際に行っていきます。

沖縄の伝統工芸品を作る体験ができる貴重な機会

沖縄には伝統工芸品がたくさんあり、実際に作る体験をすることができます。琉球ガラスやサンゴ染め、シーサーなどを実際に作ってみるとより一層愛着が出てくるのではないでしょうか。

関連記事: